麋角解 ~さわしかのつのおつる
白鷺美術 冬の演奏会と展示会「死と詩と踊り」

IMG_5146 (1)

麋角解 ~さわしかのつのおつる  (びかくげす) :
季節を表わす七十二候(古代中国で考案された気象の動きや動植物の変化を 示したもの)の一つで、
繁殖期を終えた鹿が角を落とす時期を指す。  

年末の金沢、
静けさとともに白く染まりゆく時節、

白鷺美術にて展示会と演奏会を開催します。
「死と詩と踊り」は、死は標本等の展示、踊りは生や音楽を意味し、また、
それぞれの死の中の生、その逆も然り、
そうした光景が詩(芸術)によって表現されるという意を持ちます。

・・・ 白鷺美術


展示会

「死と詩と踊り」

2016年12月19日(月)~2017年2月5日(月)
会場:shirasagi / 白鷺美術 2F
開場時間:20時-24時(期間内休:1月1日、2日、1月以降は月曜定休)
キュレーション:巽 勇太 (白鷺美術主催 )
白鷺美術が所有する、動植物の標本、剥製を中心とした展示。