ときのあとさき

140913@tokinnoatosaki_flyer


夏の終わりから秋のはじまりへ
午後の終りから夜のはじめりへ

方丈庭園の木々のざわめきや
ししおどし、虫の声や
うつろう光の呼応しながら奏でられる音楽と
境内の湧き水でいれるお茶のおもてなし

京都、法然院でのひとときを
存分にお楽しみください


「ときのあとさき」公式ホームページ

[[ mama!milk NOTE ]] 「ときのあとさき」につきまして。ご挨拶。


honen-in temple kyoto

法然院 photo by Natsuko Ishikawa 2011

[[ 演奏:mama!milk ]]
. . . アコーディオン(生駒祐子)コントラバス(清水恒輔)
1997年より様々な街の、様々な空間…劇場、客船、廃墟、広場等でサイトスペシフィックな演奏を重ね、その異国情緒溢れる艶やかな音楽は「旅へいざなう音楽」とも評される。
近年はアルバム作品「Duologue(デュオローグ)」の他、白井晃演出「オセロ」「テンペスト」等の舞台作品や、映画・美術作品のサウンドトラックも発表している。

[[ ティーサロン:graf tea salon ]]
. . . 川西万里
graf(有限会社デコラテゥブモードナンバースリー)に所属。
カフェの運営に携わりながら、食にまつわる様々な企画を、立案、実行する。
香り高いおいしい烏龍茶との出会いから、茶の魅力に取り憑かれ中国茶を学び始める。
中国茶だけではなく様々なお茶について探求しながら、オリジナルブレンドの商品開発や、オリジナルのお茶会、ケータリングなども行っている。
http://www.graf-d3.com

. . . 音響:鶴林万平 sonihouse
2007年 長谷川アンナ(グラフィックデザイナー)と sonihouse を主宰する。
自然な音の再現を目指しオリジナル12面体スピーカー “scenery” を開発。音にこだわるアーティスト/リスナーに支持される。
音と空間、聴き手の中に、豊かな循環を生むをコンセプトに活動する。
http://www.sonihouse.net/

. . . 空間演出:筆谷亮也
建築のデザインワークをへて2005年以降、ライティングによる空間演出を活動の中心とする。
舞台の分野で照明を担当する他、graf とのBREEZE BREEZEでの建築照明のインタラクションや、美術作品の照明、写真/映像作品のライティング、光にまつわるワークショップなど、分野を限定せずに光を使った空間演出に携わっている。
http://idolatry.name/

. . . 宣伝美術:坂田佐武郎
1985年京都生まれ。大学卒業後3年間、大阪のデザイン事務所にてデザイナーとして勤務し、2009年独立。京都を拠点に、グラフィックデザイン、プロダクトデザインの分野で活動している。
http://www.saburosakata.info/