Concerto “L’accordo Contrabbando”
in Okinawa

171122@桜坂_450


旅へといざなうしなやかな音楽。

世界各地を巡りながら自由に音楽を紡ぐ、アコーディオン奏者の生駒祐子、コントラバス奏者の清水恒輔によるデュオmama!milkの沖縄公演。

ワルツやタンゴ、クラッシックや現代音楽などを叙情豊かに行き交う楽想は「Japanese New Exotica」「旅へいざなう音楽」とも称される。近年は、劇場、広場、客船、酒場、美術館、宗教建築、廃墟、ギャラリー等、それぞれに趣深い場でのサイトスペシフィックな演奏が好評を博す中、古い銀行跡建物の窓辺で奏でられた「Duologue」、製本工場跡でのセッションから生まれた音源「Nude」、吹奏楽団マナーによる「Parade」、海辺の廃墟でのフィールド・レコーディングによる「Quietude」、アナログテープ録音を刻んだレコード盤「Vanilla」「Fragrance of Notes」等々、数々のアルバムを発表。

また、作曲や生演奏を通して、白井晃演出舞台、塩田千春展 、前川秀樹展、サイレント映画伴奏付上映会等々、舞台や映画、美術作品の音楽に深く関わる他、トウヤマタケオや青葉市子との音楽旅行や、各地での滞在制作も重ねている。

2017年、プライベート・レーベル MUSICA MOSCHATA(ムジカ・モスカータ)より10thアルバム「L’accordo Contrabbando(ラコルド・コントラバンド)」を発表。その詩情を湛えた旋律や、より親密な演奏が、密やかな話題となっている。

桜坂劇場でのライブは、2016年1月の青葉市子と共演した公演以来となる。

・・・桜坂劇場公式ホームページより。 桜坂劇場